2010-04-07から1日間の記事一覧

保留

097 第六章続き - 物語の紡ぎ手と虚構の住人 「僕は、今にして、レイクが調査員を募集した最大の理由を悟ったよ。あの調査団のぼんぼんは、進路を切り開くための駒を欲していたってわけだ。僕らのことを農耕用の畜生程度に見ていたわけだ」「そうよ、あのぼ…